[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 B-043     
価格 95,000円
商品名 香魚   (鮎と川海老)
作者 西村五雲作
略歴

西村 五雲 (にしむら ごうん) 
明治10年京都に生まれる。本名源次郎。23年岸竹堂に師事する。26年日本美術協会第6回展で褒状を受け、30年と32年に全国絵画共進会で連続して四等賞を受賞する。 30年に師竹堂が没後、竹内栖鳳に師事する。33年新古美術品展で三等賞、36年には第5回内国勧業博覧会に「残雪飢狐」で褒状、40年第1回文展で三等賞と次々に受賞を重ねる。 明治45年画塾を設け、大正2年京都市立美術工芸学校教諭となる。大正9年帝展委員、13年市立絵画専門学校教授となる。 大正13年画塾を晨鳥社と命名、後進の指導に当たり新進作家を輩出する。 昭和8年帝国美術院会員、9年からは珊瑚会展、春虹会展、七弦会展などにも出品する。 昭和13年京都で没。享年60才。

箱書き鑑定人
西村卓三(にしむら・たくぞう)明治41年画家の西村五雲の子として京都市に生まれる。京都市立美術工芸学校絵画科 京都市立絵画専門学校を夫々卒業。昭和7年の第13回帝展に《湖畔小景》で初入選となり、9年の帝展には《織工》で特選となった。11年秋の文展鑑査展に《得度》で入選し、同年に母校の京都市立美術工芸学校教諭(24年まで)を務め、13年から新文展に入選を重ねた。また同年には父が没して晨鳥社を解散し、新晨烏社を山口華楊らと結成し総務となった。戦後は21年の秋の第2回日展から毎回のように入選して、25年からは依嘱出品を行った。昭和30年没。享年 48才。

本紙 絹本 (尺三横)
寸法 本紙:幅36.5×高さ30cm
総丈:幅50×高さ120cm
軸先 象牙
鑑定箱 【五雲先生の嗣子:西村卓三先生】
備考

春掛け〜夏掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

表装は新たに元裂地を使って仕立て直しましたので
本紙・表装共に良好です。(手打ち表装)


|←----------------- 軸幅 50cm ------------------→|

表装は新たに元裂地を使って仕立て直しましたので
本紙・表装共に良好です。(手打ち表装)

画格に釣り合った上質な裂地があてられております。

 

(鮎と川海老)

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸先:象牙

 

鑑定箱・二重箱

 

    

箱の表面と裏面

画題 香魚  先考五雲筆 卓三題鑑

鑑定箱 【五雲先生の嗣子:西村卓三先生】

ページのトップに戻る

戻る

 
古美術品・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com