[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 A-068     
価格 85,000円
商品名 深山頬白
作者 野々内良樹作
略歴

野々内 良樹(ののうち よしき)
昭和10年京都市で生まれる。京都市立美術工芸学校から京都市立美術専門学校(京都芸大の前身)へ進む。美術専門学校を卒業した翌年(1951年)の7回日展に初入選いらい連続入選を続ける。1966年の日展では「シャボテン」が特選となり、1980年の日展でも「牛と人」が二度目の特選に輝いた。父は日本画家の野々内保太郎で、次男も日本画家で井上稔、同じく三男も日本画家で野々内宏と言う日本画一家。平成22年没。 

本紙 紙本  (尺五横)
寸法 本紙:幅44.8×縦32cm
総丈:幅61.5×縦130cm
軸先 象牙
共箱・太巻き・二重箱
備考

春掛け・夏掛けとしてお楽しみ頂けます。
(5月〜9月)

状態

本紙・表装共に綺麗です。

 

|←------------------ 軸幅 61.5cm ------------------→|

(尺五横)

表装は画格に釣り合った上質な金襴裂地が使われております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

(太巻き芯棒付)

【太巻き芯棒の取り扱い方】←クリック

ご鑑賞時には太巻き芯棒を外してご覧下さい。
掛軸をしまう時は必ず太巻き芯棒を挟んで巻いて下さい。

※太巻き芯棒は岩絵具の剥離・折れ等を防ぎ作品の状態を出来るだけ良好に保つためのものです。

共箱・太巻き・二重箱

 

    

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
古美術品・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com