[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 A-027     
価格 55,000円
商品名 誰家林麓
作者 嘉本周石作
略歴

嘉本周石 かもとしゅうせき (1889−1976)
上津村(現出雲市上島町)に嘉本岩市の二男として生まれる。島根師範学校卒業後、画家を志して上京。森琴石に学ぶ。大正9年第2回帝展に「雪幕」、「落照」が異例の同時入選。翌年中国廬山や韓国に渡り、研鑽を深める。大正11年大阪で支那周70点展、昭和9年東京では小原光雲挿花との共同展を催し、東西の画壇に広く認められた。昭和15年梅田阪急百貨店での「嘉本周石近作日本画展」では三山(廬山・金剛山・富嶽)発表して好評を博した。この周石在阪25年間の活躍は、関西画壇で将来を嘱望されたが、太平洋戦争激化のため、昭和20年日本南画院無監査の推挙を固辞し帰郷、大社町円山荘で南画家らしく、無欲枯淡の生涯を過した。昭和51年没。享年88才。

本紙 絹本  (尺五立)
寸法 本紙:幅41.5×高さ126cm
総丈:幅54.6×高さ215cm
軸先 焼物
合せ箱
備考

年中掛けとしてお楽しみ頂けます。

状態

新たに仕立て替えましたので本紙・表装共に綺麗です。
(新調表装)

 

新たに仕立て替えましたので本紙・表装共に綺麗です。
(新調表装)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページのトップに戻る

戻る

 
古美術品・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com