[掛軸専門店] 古美術 高美堂は近代絵画・日本画・掛軸の物故作家を中心に真作保証で販売しております。

商品番号 A-024     
価格 売却済み
商品名 遅日 チジツ (春になってだんだんと日が長くなること)
作者 山口玲X作
略歴

山口玲X やまぐちれいき (1894−1979)
明治27年5月京都市に生まれる。本名松之助。はじめ松斎と号す。弟は日本画家山口華楊。40年菊池芳文に入門、大正元年第6回文展の第二科に「今朝の秋」で初入選、文展に3,4,6年入選する。7年師芳文の没後は菊池契月に師事、14年第6回帝展に入選、以後帝展に毎回入選、昭和7年帝展推薦となり、12年からの新文展に無鑑査出品する。戦後は22年第3回から入選、25年から依嘱出品以後改組日展にも依嘱出品を続ける。神奈川県鎌倉市に転居し、画作のかたわら俳句をよくする。昭和54年2月1日鎌倉市で没。享年84才。

本紙 絹本  (尺八横)
寸法 本紙:幅50.5×高さ43cm
総丈:幅65×高さ127cm
軸先 陶器
共箱・タトウ箱付 (タトウ箱とは桐箱を入れる紙製の箱のこと)
備考

遅日(チジツ)とは春になってだんだんと日が長くなること。

春掛けとしてお楽しみ頂けます。
(3月〜4月)

状態

本紙に絵具の剥落等ありますが鑑賞には気にならない程度です。

掛軸は新たに仕立て替えましたので綺麗です。(新調表装)

 

|←------------------- 掛軸幅 65cm ---------------------→|

(尺八横)

掛軸は新たに仕立て替えましたので綺麗です。(新調表装)

 

 

 

 

 

花名はサヤエンドウ(3月〜4月)春

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑絵具の剥落等ありますが鑑賞には気にならない程度です。↑

 

 

 

 

 

共箱・タトウ箱付

(タトウ箱とは桐箱を入れる紙製の箱のこと)

     

箱の表面と裏面

ページのトップに戻る

戻る

 
古美術品・掛軸・絵画・色紙等のお問合せメールはこちら info@koubidou.com